このページはJavaScriptを使用しています。
「JavaScriptを有効にする」設定でご覧ください。 タチカワブラインド | アジア最大のシャッター・ブラインド・門扉展示会『R+T Asia2014』に出展(3/25〜27)
プレスリリース
2014年02月21日  イベント
アジア最大のシャッター・ブラインド・門扉展示会
『R+T Asia2014』に出展(3/25〜27)

立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、3月25日(火)〜27日(木)の3日間、中国・上海で開催されるシャッター・ブラインド・門扉 展示会『R+T Asia2014』に出展します。

『R+T Asia2014』は、ドイツ・シュツットガルトで3年に1度開催される業界最大級のシャッター・ブラインド・門扉の国際見本市「R+T」のアジア版として2005年より上海で開催され、今年で10回目を迎える展示会です。アジアを中心に約380社の企業が出展し、世界各国から業界関係者が来場し注目を集めています。

当社ブース内では、ロールスクリーンやローマンシェード、プリーツスクリーン、タテ型ブラインドなど幅広い製品ラインアップを多数展示。また、スラット(羽根)に昇降コード穴がないヨコ型ブラインドをはじめ、高機能・高意匠に優れた製品や、海外で関心の高いワンチェーン操作やダブルタイプを紹介し、窓まわり総合メーカーとしてのブランドイメージを訴求します。

今回、昨年に続き2年連続での出展となり、さらなるブランドの認知度向上を図るとともに、海外における販売促進活動を強化してまいります。

【立川ブラインド工業 出展概要】

・当社ブースNo Hall E1 E1B23 (502m)
・主な展示製品 ロールスクリーン、ローマンシェード、プリーツスクリーン、
タテ型ブラインド、
ヨコ型ブラインド、アコーデオンカーテン、
電動カーテンレール 他

ブースイメージ

『R+T Asia 2014』 開催概要

展示会名
『R+T Asia 2014』
公式HP http://www.rtasia.org/
会 期
2014年3月25日(火)〜27日(木)
会 場
上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre)
主 催
VNU Exhibitions Asia & Landesmesse Stuttgart GmbH
出展規模
約380社(前回2013年実績)