このページはJavaScriptを使用しています。
「JavaScriptを有効にする」設定でご覧ください。 タチカワブラインド | 自然光を拡散し、照明の消費エネルギーを削減する「グラデーションブラインド®」4月2日(月)本格発売!
プレスリリース
2012年03月28日  新製品
自然光を拡散し、照明の消費エネルギーを削減する
「グラデーションブラインド®」4月2日(月)本格発売!

立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)では、自然光を効率よく室内に取り入れるため、スラット(羽根)の角度がブラインドの上部から下部へ閉じている仕様で、パソコンの制御により建物の環境に合わせてコントロールが可能な、照明の消費エネルギーを最大約3割削減するヨコ型ブラインド
「グラデーションブラインド」を4月2日(月)に本格発売します。
当製品は、2011年に清水建設株式会社と制御システムを含む新タイプを共同開発していましたが、電力節減の需要に対応した製品として、本格発売することになりました。

■スラット(羽根)角度がブラインドの上部から下部へ閉じている仕様で、拡散光が部屋全体を明るくします。

従来のヨコ型ブラインドのスラット(羽根)はすべて角度が一定のため、自然光は室内に均一に反射しますが、「グラデーションブラインド」は、スラット角度がブラインドの上部から下部へ閉じている仕様で、上部のスラットは自然光をゆるい角度で部屋奥へ、下部のスラットは急角度で天井に反射します。天井からの拡散光で部屋全体が明るく、また窓面にまぶしさを感じない快適な空間となり、スラットの反射による拡散光が部照明用の消費エネルギーを最大34%削減します。

従来のブラインドの場合     「グラデーションブラインド」の場合

店舗・オフィスなど用途に応じて選べる製品仕様

1本のエンドレスコードでスラット(羽根)の昇降・角度調整を行う手動製品の「モノコム25タイプ」、最大255台のブラインドを操作できる電動製品の「ローリーESS25タコス競織ぅ廖廖細かい角度調整が可能で昇降と角度調整をそれぞれ別のモーターで制御している「ツインティスL25タコス競織ぅ廖廚藩囘咾帽腓錣擦討選びいただけます。

ラダーコードのピッチ間隔を変えることにより
スラット角度を変化させています。





電動製品はパソコンシステムによる自動制御で
効率的な省エネを実現

建物の周辺環境・窓方位・日時などの情報をパソコン
入力することにより、変化する太陽の高度や太陽光の
室内への入射角にあわせて、最適なスラット(羽根)
角度に自動調整するシステム。

自然光を効率的に室内に取り込むことにより、省エネが
実現できます。









「グラデーションブラインド」概要

■シリーズ製品名 「グラデーションブラインド」
■発 売 日 2012年4月2日(月)
■製 品 名 グラデーションブラインド モノコム25タイプ
グラデーションブラインド ローリーESS25タコス競織ぅ
グラデーションブラインド ツインティスL25タコス競織ぅ
■特  長 スラットの設定角度が一枚ずつ異なり、自然光を拡散させ、
まぶしさを感じさせず照明用の消費エネルギーを削減する。

ブラインドのスラット(羽根)を支えるラダーコードの室外側と室内
側の間隔を変えているため、スラット(羽根)角度が1枚ごとに変
化しています。
最上部のスラットを水平な状態にしたとき、スラット106枚の場合、
最下部のスラットが水平からの日射をさえぎる状態(スラット角度
約60度)になります。
■省エネ効果 照明用の消費エネルギーを最大約34%削減

〔条件〕
事務所面積:9.6×24.0m/天井高:2.7m/窓:南面

のみ、高さ1.6m/照明時間:9:00〜18:00/
照明器具:40W2灯器具×48台/照明制御:窓面から
3.2m、
6.4m部分で照度センシング、750lx以上昼光で
得られれば、制御
エリアを消灯 ※対比は常に全照明を
点灯している場合

■製 品 仕 様 :

■参考価格(税抜):手動製品 グラデーションブラインド モノコム25の場合

※2.0嵬にの場合は2屬硫然併蚕个箸覆蠅泙后(最低基準価格面積) 
(電動製品はパソコン制御とシステムも含め別途積算となります)