最新ニュース
2021年05月21日  製品情報その他
ロールスクリーン「ラルクシールド」などの抗ウイルス加工生地
「ポルテII」が新型コロナウイルスの減少を確認
立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、ロールスクリーン「ラルクシールド」、タテ型ブラインド「バーチカルブラインド」にラインナップしている抗ウイルス加工生地「ポルテII」に対して実施した抗ウイルス性能評価試験により、新型コロナウイルスの減少を確認しました。

この試験は、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターに委託し、JIS L 1922「繊維製品の抗ウイルス性試験方法」に基づき、試験ウイルスに新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を用いて、時間経過によるウイルス粒子数の変化を確認したものです。その結果、2時間後の感染性ウイルス粒子が、接種直後と比較して99.9%以上減少していることを確認しました。


抗ウイルス加工生地「ポルテII」は、今年6月にリニューアルするロールスクリーン「ラルクシールド」、および4月にリニューアルしたタテ型ブラインド「バーチカルブラインド」に各6色ラインナップしており、昨今のコロナ禍による衛生面への意識の高まりを受け、様々なシーンで採用が増えています。

抗ウイルス加工生地「ポルテII」施工例


ロールスクリーン「ラルクシールド」 
参考本体価格(税別):40,600 円(幅2000 mm×高さ2000 mmの場合)
※表示価格は消費税を含まないメーカー希望小売価格です。取付け・工事費、物流諸経費等は含まれておりません。


タテ型ブラインド「バーチカルブラインド」
参考本体価格(税別):55,200 円(スラット幅100 mm、幅2000 mm×高さ2000 mm)
※表示価格は消費税を含まないメーカー希望小売価格です。取付け・工事費、物流諸経費等は含まれておりません。

試験概要
(1)試験機関 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
(2)試験方法 JIS L 1922 「繊維製品の抗ウイルス性試験方法」準用
試験片(当社のポルテII)に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)懸濁液を接種し25℃で2時間静置する。静置後、試験片に付着したウイルスを洗い出し、プラーク法*でウイルス感染価を測定する。
*プラーク法:ウイルスに感染すると細胞形状が変化する現象(細胞変性)を利用したウイルス量の測定法
(3)試験ウイルス Sever acute respiratory syndrome coronavirus 2(SARS-CoV-2)
NIID分離株;JPN/TY/WK-521
(4)試験対象 抗ウイルス加工生地「ポルテ供
(5)試験結果 ウイルス感染価(感染性ウイルス粒子数)が、接種直後100万から2時間後200以下に減少
抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。また、ウイルスの働きを抑制するものではありません。
医薬品や医療機器などの医療を目的とした製品ではありません。
本製品は感染予防を保証するものではありません。
掲載しているデータは試験機関による試験結果であり、保証値ではありません。また、実際の使用状況で同様の効果を保証するものではありません。
本試験は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を用いたものですが、変異株を含むすべてのウイルスを検証したものではありません。
試験の結果等については、無断での転載及び利用は固くお断りします。
転載、利用等を行っている一切の第三者の表示物・ウェブサイトについて関知するものではありません。


>>【ニュースリリース全文(PDF/213KB)】

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。