最新ニュース
2020年12月14日  新製品情報
プライベート空間の確保やドア用途に便利な間仕切りアイテム
「アコーデオンカーテンリニューアル」2021/1/18(月)より発売
ラインナップが44柄100アイテムに
立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、「アコーデオンカーテン」のレザーラインナップを44柄100アイテムにリニューアルし、2021年1月18日(月)より発売します。

◆コロナ禍による需要の増加を背景にリニューアル
「アコーデオンカーテン」は、当社が1964年に発売した日本初の家庭用簡易間仕切です。当時、障子や襖にはない機能性とファッション性を備えたモダンかつ画期的なアイテムとして、アコーディオン式間仕切りの代名詞とされ、今もなお根強い人気のロングセラー製品です。部屋の仕切りやドアの代わりなど幅広い用途で使える汎用性と、操作や設置の簡便性の高さが特長で、最近はコロナ禍による住まいの在り方や価値観の変化などから、再び需要が高まっています。こうした背景を踏まえ、新たなニーズやトレンドへの対応を強化するために、この度レザーラインナップのリニューアルを行いました。

◆44柄100アイテムをラインナップ
今回のリニューアルでは、「ベイシル」 (7アイテム)、「アクセンテ」 (3アイテム)などの新たなレザーを含む全44柄100アイテムをラインナップしました。「ベイシル」は、壁紙やカーテン、家具などインテリアで常に人気のグレーやグレージュといったトレンド色をはじめ、用途やシーンを選ばないベーシックな色柄を、「アクセンテ」は、部屋の雰囲気をガラッと変えるアクセントクロス*のような使い方が可能な主張性のある色柄を用意。両レザーとも抗菌加工や、拭くだけで汚れが落とせる防汚コーティングを施しています。また、細菌の活動を低下または停止させ、増殖を抑制する制菌加工を施したレザーなどもラインナップしていますので、医療機関や介護・福祉施設、オフィスなど、不特定の人が出入りする場所でも安心してお使いいただけます。 
*部屋の壁の一部分を異なる色やデザインのクロス(壁紙)にすることで、空間にアクセントをつけること。

アコーデオンカーテン「ベイシル」(グレージュ)

「アクセンテ」(インディゴ) 「アクセンテ」(モスグリーン)

■豊富な製品力で住空間の仕切りをトータル提案
立川ブラインド工業では、間仕切り需要が高まる中、今回リニューアルした「アコーデオンカーテン」や、パネル間仕切「プレイス」「プレイス スウィング」といった豊富な製品力により、お客様のニーズに合わせて空間の仕切りにおける総合的な提案を行うとともに、今後も移り行く時代の変化を捉えた製品開発を続け、人々の暮らしに寄り添う快適な空間づくりに取り組んでまいります。

「アコーデオンカーテン」リニューアル 概要

■製  品  名
アコーデオンカーテン、アコーデオンカーテンメイト
■発  売  日 2021年1月18日(月)
■リニューアル内容 1.業界最多の充実したレザーラインナップ44柄100アイテム
2.新レザーとして「ベイシル」(7アイテム)、「アクセンテ」(3アイテム)をラインナップ
3.お求めやすい価格の「アコーデオンカーテンメイト」に、新レザー「ディーン」(2アイテム)をラインナップ
■製品特長 ・たたみ込みがコンパクトで、開口を広く確保できる
・床面レールが不要のバリアフリーで、車イスや高齢の方でも安心
・軽量で大掛かりな工事が不要、後付けが簡単でリフォームにも最適
・シンプルなヨコ引き操作で、取手は安心の抗菌加工(アコーデオンカーテン)
■製品仕様


<アコーデオンカーテン新ラインナップ>
ベイシル
(7アイテム)




トレンドであるグレーやグレージュを中心とした多色展開の織物調レザー
アクセンテ
(3アイテム)
ベーシックな空間に、アクセントクロスと同様の使い方が可能な織物調レザー

<アコーデオンカーテンメイト 新カラーラインナップ>

ディーン
(2アイテム)
壁紙などで多くみられる石目調レザー

■参考本体価格(税別):アコーデオンカーテン 81,000円
(レザー「ベイシル」幅1800mm×高さ2400mm、片開き)
※上記価格には、取付け・工事費、物流諸経費は含まれておりません。


>>【ニュースリリース全文(PDF/370KB)】
>>【高解像度画像データ ダウンロード(zip/3.64MB)】

※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。