最新ニュース
2020年06月08日  新製品情報
「スマートインテリアシェード ホームタコス」7/1(水)新発売
『ホームタコス ラルクシールド』『ホームタコス フィーユ』
『ホームタコス ペルレ』などが新登場
立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、当社の住宅向け電動製品を「スマートインテリアシェード ホームタコス」シリーズとして新発売。新たにロールスクリーン『ホームタコス ラルクシールド』とプリーツスクリーン『ホームタコス フィーユ』『ホームタコス ペルレ』などの新製品を7月1日(水)より発売し、さまざまなシーンに合わせて選べる電動製品ラインナップの拡充を図るとともに、IoTにも対応する利便性の高い快適な暮らしをご提案します。

◆電動操作が可能なロールスクリーン「ホームタコス ラルクシールド」が新登場
「ラルクシールド」は、フレームと生地の巻取りパイプとの隙間から入る直射光を遮る「シールド」を装着することで、遮光性を高めるとともに、意匠性に優れたロールスクリーンです。今回発売の『ホームタコス ラルクシールド』は、リモコンやスイッチなどで簡単に操作ができ、製品幅は最大2.7m、高さは最大4m、面積は最大8.1m2まで製作が可能。手の届かない高窓や複数の窓、大きな窓など、住宅からオフィス・店舗・施設の大開口にも対応します。

『ホームタコス ラルクシールド』

◆1台のメカに上下2枚の生地を収納する“ペア”の電動プリーツスクリーン
今回新たにラインナップするプリーツスクリーンは、遮蔽性・意匠性に優れた『ホームタコス フィーユ』『ホームタコスフィーユ ペア』および、『ホームタコス ペルレ』『ホームタコス ペルレ ペア』の4製品。 中でも、上下に2枚の生地を組みあわせた「ペア」の電動製品は、1台でプライバシーの確保と採光ができ、一日中快適に過ごせます。


『ホームタコス フィーユ ペア』

◆快適な空間を実現する「スマートインテリアシェード ホームタコス」シリーズの特長
「スマートインテリアシェード ホームタコス」シリーズは、ヨコ型ブラインドやファブリック製品、カーテンレールから成る14アイテムをラインナップし、窓の大きさや部屋の用途に合わせた多様なコーディネートが可能です。今回発売の5製品は、コントローラ(制御装置)を製品本体に内蔵、ドライバー1本で取付けでき、電源プラグをコンセントに差し込むだけと、意匠性・施工性にも優れています。操作は、電波を用いて製品に向けなくても操作可能な「RFリモコン」、シンプルな操作感の「赤外線リモコン」、壁に取付けてリモコンとの併用も可能な「スイッチ」を用意。操作コードがないため、小さなお子さまがいる部屋でも安心です。さらに、市販のスマート家電リモコン(赤外線家電リモコン)と組み合わせることで、スマートスピーカーでの音声操作や、スマートフォンを活用した外出先からの操作などを行うことができます。

「スマートインテリアシェード ホームタコス」シリーズ 概要


◆内 容 住宅向け電動製品を「スマートインテリアシェード ホームタコス」シリーズとして新発売
『ホームタコス ラルクシールド』『ホームタコス フィーユ』『ホームタコス フィーユ ペア』『ホームタコス ペルレ』『ホームタコス ペルレ ペア』を新たに発売し、製品ラインナップを拡充
◆発売日 2020年7月1日(水)
◆新製品ラインナップ:


<ご参考>その他のシリーズ製品ラインナップ
ヨコ型ブラインド ホームタコス パーフェクトシルキー
ホームタコス シルキー
ホームタコス シルキー 天窓
ホームタコス シルキーカーテン
ロールスクリーン ホームタコス ラルク 傾斜窓
ローマンシェード ホームタコス クレアス
タテ型ブラインド ホームタコス ラインドレープ
ホームタコス ラインドレープ 木製
カーテンレール ホームタコス トリーチェ


※ここに掲載されている情報は発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。