最新ニュース
2014年03月17日  製品情報メモ
当社製品の安全基準につきまして
立川ブラインド工業株式会社は、タチカワブラインド製品をご購入されたお客様が、安全で快適にご使用いただけるよう、以前より取り組んできたタチカワブラインドの安全対策について、基準を明確にするため、3段階の安全基準を設定いたしました。

また、平成26年4月1日より、子どもが届かない高さに束ねる「コードクリップ」のつけ忘れを防ぎ、ご活用を推進するため、製品に同梱していた「コードクリップ」を製品へ組み込んだ状態(操作コードや操作チェーンに取付けた状態)で出荷いたします。さらに、従来、家庭用製品にのみ「コードクリップ」を付属しておりましたが、業務用製品においても、オプションで組み込み出荷対応を開始いたします。

チャイルドセーフティー/セーフティー基準


製品を安全・安心にご使用いただくために、3段階の安全基準を設定しました
1. チャイルド
セーフティー製品
子どもが触れることができるコードが存在しない、もしくは円周30cm以上(当社内基準)のループが存在しない製品を「チャイルドセーフティー製品」としています。
※円周30cm・・・生後6ヶ月(つかまり立ちができる頃)の乳児の頭が通らない寸法。
例) ロールスクリーン「ラルク」プルコード式 「ラインドレープ」バトン式
ロールスクリーン「ラルク」 
プルコード式
タテ型ブラインド「ラインドレープ」
バトン式
操作方法の紹介(動画)
操作方法の紹介(動画)
2. チャイルド
セーフティー部品
ループ状態になったブラインドのコードやカーテンのタッセルに6kg(当社内基準)の力が掛かるとループが分離する安全対策を施した部品。もしくは子どもが届かない高さに束ねる。また、触れられないようにできる安全が確保できる部品を「チャイルドセーフティー部品」としています。
※6kg・・・生後6ヶ月の乳児の体重を想定。
例)セーフティージョイント、コードクリップ 等
3. セーフティー部品 チャイルドセーフティー基準(当社内基準)は満たなさいが、ループ状になったブラインドのコードに力が掛かるとループが分離して安全に働き、人体・製品の保護につながる部品を「セーフティー部品」としています。
例)セーフティーコネクター、セーフティーチェーン 等
※詳細は「タチカワブラインド製品の安全対策」をご覧ください。

【チャイルドセーフティーマーク】

「チャイルドセーフティー製品」および「チャイルドセーフティー部品」が装備される製品を識別、啓蒙するために、左記のマークを設定いたしました。今後、発行するカタログ等に順次掲載いたします。

「コードクリップ」製品組み込み対応開始


安全対策部品をご活用いただくため、子どもが届かない高さに束ねる「コードクリップ」を製品へ組み込んだ状態(操作コードや操作チェーンに引っ掛けた状態)で出荷を開始いたします。

▼家庭用製品
対応開始日 平成26年4月1日(火)受注分より
対象製品 操作コード・操作チェーンを使用する製品

▼業務用製品
応開始日 平成26年5月12日(月)受注分より
対象製品 ・ヨコ型ブラインド
「モノコム」「モノタッチ」「シルキーメカニカル」「断熱ブラインド」「ルミスター」
・タテ型ブラインド「バーチカルブラインド」
※業務用製品はオプション対応となりますので、「コードクリップ出荷」とご指定ください。