最新ニュース
2011年08月16日  新製品情報
遮蔽と遮熱効果により、省エネルギー化を実現
『モノコム25 高遮蔽タイプ』8/16(火)新発売

立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)では、ヨコ型ブラインド「モノコム」の新タイプとして、穴なしスラット(羽根)を採用し、光漏れと熱の流入を防ぐことで省エネに効果がある高遮蔽タイプを8月16日(火)に発売いたします。

■穴なしスラット(羽根)を採用し、高い遮光性を実現

通常のヨコ型ブラインドのスラット(羽根)には、ブラインドを昇降させる「昇降コード」を通す穴があいていますが、「モノコム25 高遮蔽タイプ」は穴なしスラットを採用し、スラット穴からの光漏れを防止しています。それによって高い遮光性能を実現させています。 

■スラット(羽根)の重なりを増やしさらに遮光性を向上

スラット(羽根)とスラットの間隔を小さくすることで、スラット(羽根)を閉じた際の重なりを大きくし、遮蔽性を高め光や熱を遮ります。

■遮熱コートスラット60色に対応 

太陽光の反射率を高め、室内への熱の侵入を少なくし、空調負荷を低減させる「遮熱コート」スラット40色。遮熱コートのスラットに「酸化チタン」及び「フッ素」を施し、2つの機能を1つにした多機能スラットが20色。好きな色と機能を選ぶことができます。

「モノコム25 高遮蔽タイプ」製品概要


■製品名:ヨコ型ブラインド 『モノコム25 高遮蔽タイプ』

■発売日:2011年8月16日(火)

■内容:オフィス向けのブラインド「モノコム」に新しく高遮蔽タイプが発売

■特長:
穴なしスラット(羽根)を採用し、高い遮光性を実現
スラット(羽根)の重なりを増やしさらに遮光性を向上
遮熱コートスラット60色に対応
遮熱コート (40色)
 太陽光の反射効果を高め、室内への熱の侵入を低減するスラット
・酸化チタンコート+遮熱コート(10色)
 遮熱コートのスラットに酸化チタンコートを施したスラット。酸化チタンの光
 があたることで防汚・抗菌・消臭効果が得られると同時に遮熱の効果も高いスラット
・フッ素コート+遮熱コート(10色)
 遮熱コートのスラットにフッ素コートを施したスラット。フッ素コートの汚れが
 簡単に落とせる機能に加え、遮熱の効果も高いスラット

■製 品 仕 様


■参考価格(税抜):

※2.0嵬にの場合は2屬硫然併蚕个箸覆蠅泙后(最低基準価格面積)