最新ニュース
2014年08月05日  お知らせ
「第8回キッズデザイン賞」でチャイルドセーフティーの房掛・タッセルが
奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞!
立川ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区三田、資本金:44億7,500万円、代表取締役社長:立川光威)は、「第8回キッズデザイン賞」の「子どもの視点の安全・安心デザイン 一般部門」において、カーテンアクセサリーの房掛『モデラ』、『タクト』、『イーズ』および同タッセル『クルミ』(計4点)が、キッズデザイン賞の上位賞となる奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」を受賞しました。

キッズデザイン賞は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会による、お子様の安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そしてお子様を産み育てやすいデザインの顕彰制度です。第8回となる今回は、過去最多となる408点の応募のうち、272点が「キッズデザイン賞」受賞作品として選出されました。

当社製品が今回受賞した奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」は、キッズデザイン賞を受賞した272点を対象に行う最終審査会で、各部門から特筆すべき作品に与えられる賞です。選考において当製品は、「ブラインドひもによる子どもの事故への安全対策が進んでいるが、カーテンひもの対策にも一石を投じた提案で、子どもの事故防止に対する意識啓発、具体的な対策の点で社会的意義が高い。既存の製品へ後付け可能であることも広がりを期待させるものだ」との評価をいただきました。

チャイルドセーフティーの房掛・タッセルは、カーテンを束ねるタッセルによる小さなお子様の事故を未然に防ぎ、お子様がいらっしゃるご家庭や施設でも安全に、安心してお使いいただけることをコンセプトに開発し、今年4月に発売を開始しました。
チャイルドセーフティー房掛は、房掛に力が加わるとフックが倒れ、タッセルが外れる構造で、 『モデラ』、『タクト』、『イーズ』の3種に、建具や壁紙に合わせやすい6色をラインナップ。同タッセル『クルミ』は、タッセルを球状のマグネットで留め、一定の力が掛かるとマグネットが外れる仕組みに加え、カーテンのボリュームに合わせてループ部の長さを調節することも可能です。

当社では、今後もお客様が、より安全に、安心してご使用いただける製品の開発に取り組んでまいります。
チャイルドセーフティー
左から房掛『モデラ』、『タクト』、『イーズ』

 

チャイルドセーフティータッセル
『クルミ』

第8回キッズデザイン賞・奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」
受賞製品 概要


カーテンの近くで小さなお子様が遊んでいる際に、首や体にタッセルが巻き付くなどして思わぬ事故につながることがあります。そのような事故を未然に防ぎ、お子様がいらっしゃるご家庭や施設でも安全に、安心してお使いいただけることをコンセプトに、一定の力が掛かるとタッセルが外れるチャイルドセーフティーアイテムを開発しました。

製品名 カーテンアクセサリー 房掛 3種『モデラ』、『タクト』、『イーズ』
発売日 2014年4月1日(火)
特長 ・乳幼児がいらっしゃるご家庭や施設でも、タッセルが引っ張られ房掛に力がかかると房掛のフックが倒れタッセルが外れる構造で安全・安心
・建具や壁紙に合わせやすい6色展開
・ネジ止めや両面テープなど使用場所や取り付け部位に対応した取付方法の選択が可能


製品名 カーテンアクセサリー タッセル『クルミ』
発売日 2014年4月1日(火)
特長 ・乳幼児がいらっしゃるご家庭や施設でも、タッセルに力がかかるとアクセサリー部(マグネット)が外れる構造で安全・安心
・ループのスライド位置を調整することで、カーテンのボリュームに合わせてループ部の長さを調整できる
・人気のナチュラルテイストなカーテンを中心に、様々なテイストのカーテンに合わせやすいラインナップ


<ご参考>

「第8回キッズデザイン賞」について


【主  催】 特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会
【後  援】 経済産業省
【特別協賛】 森ビル株式会社
【概  要】 キッズデザイン賞は、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」の3つのデザインミッションから構成された顕彰制度で、2007年に第1回を開催し、本年で8年目を迎えます。社会的、文化的な見地から公正な評価を与え、子ども環境の高度化を図ることを目的としています。受賞作品は、「キッズデザインマーク」を使用することができます。
【募集対象】 日本国内において、製品・コンテンツ・サービスとして市場に出ているもの。また、様々な取り組みや活動で、成果が見られるもの。 新たに発売された製品やサービスでなくても、2014 年8 月1 日時点に日本国内で入手可能であれば、応募対象となります。乳幼児用品や玩具などの子ども用の製品・空間・サービスはもちろん、あらゆる年齢層が使うもので、かつ子どもへの配慮、子ども目線を持った良質な製品・空間・サービス・プログラム・調査研究活動など幅広いものが対象です。